万が一のための生命保険マンション経営には安心の団体信用生命保険がつきます。ローンが無いマンションと安定した家賃収入を大切なご家族に残せます。
生命保険として、しっかりご活用いただけます
万が一の場合の死亡・高度障害を保障
つまりは一般的な生命保険です。

マンションを住宅ローンを活用して所有された場合、
借入金額に対して「団体信用生命保険」が付与されています。
所有者に万が一のことがあった場合、
借入残債は保険により全額返済されますのでご家族は
無借金となったマンションと安定した家賃収入を得ることが出来ます。
また売却することにより現金化も図れる現物資産です。
「団体信用生命保険」は、いわばひとつの死亡保障保険
になりますので、既存の生命保険をスリム化
することも可能です。

マイホーム用の住宅ローンをご利用した方であれば、
ご存知だと思いますがマンションや戸建てをローンで購入した際に、
必ず入らなくてはならないのが「団体信用生命保険」。
これがマンション経営でのローンにも付いてきます。
つまりはローンを利用した時点で、
生命保険とほぼ同様の保障内容を受けられるということ。
マンション経営も生命保険も残された家族に「資産」を残すという点は
どちらも同じであると言えますが、安心なのはマンション経営の場合
どの時点でローンを借りた方が亡くなっても、ご遺族に無借金の資産
残せるメリットがあります。
また、借りた方が存命中はご本人に、もし亡くなられた後は、
ご遺族にだまってても「お家賃」という定期収入が渡されるという
「終身保険(収入保障型)」と「年金保険」のメリットを併せ持った
心強い生命保険という役割を担ってくれます。

ただし「生命保険と全く同じ」ではありません。

大きな違いがあります。
マンション経営は生命保険に比べ負担が少ないという点です。
これは、生命保険は基本的に自分の身に何かがなければ
お金を払い続けていくだけなのに対して、マンション経営は
月々の家賃を収入として手元に残せるようにできるということ。
これはマンション経営の大きなメリットの一つと言えます。
もちろん、ローンを支払っている間は
お家賃がまるまる収入になるわけではありませんが、
それでも家賃収入をローンに充てることで、月々の支払いはできますし、家賃と支払いの差額分を繰上げ返済などを活用し、
上手にやりくりをすることで、収入が手元に残るようになります。
つまり、生命保険の一部にマンション経営を組込むことで
収入をもらいながら保障を得ることができるようになります。
一部のオーナー様は、マンション購入後に生命保険の支払いを見直し
生命保険の支払いを減らされています。

ただし「生命保険と全く同じ」ではありません。

また、不動産ですのでどの時点で物件を売却しても換金が可能という点。
これも見逃せません。
「普通の方は、お金を払って生命保険に入る」
「マンション経営のオーナー様は、お金をもらいながら保障を得る」
この違いは、かなり大きいものかと思います。
しかし、マンション経営といえども生命保険の代わりになる範囲は、
全てではありませんので、カバーできない医療保険やがん保険などは、
しっかり加入することをお勧めします。

ご家族に安定した収入を残しつつしっかりとした資産を残していただけるのがマンション経営です。
詳しくはお気軽にお問い合わせください。0120-41-6551
マンション経営セミナー開催
◎プライバシーポリシー
©2017 NEST Inc. All Rights Reserved