あなたのご家庭でも基礎控除額が引き下げとなり、相続税の課税対象になる可能性が。
相続財産
相続対策のポイントは不動産評価減の特例活用特に「資産運用型マンション」の購入は効果的。

考えたくはないことですが、お別れの時は来るものです。
相続税や遺産分与など、残されたご家族が心配という方には
『資産運用型マンション』の購入があります。
よく聞かれる対策効果は『節税』です。
もちろん、相続対策のひとつですが、それだけにとどまりません。

【資産分割がしやすいメリット】

1棟アパートの場合は分けるといっても額が大きい資産ですから、
一人に与えてしまうと遺された家族で揉め事になるおそれも。
共有名義にすると、売却するにも、大規模なリフォームをするにも、
名義全員の同意が必要になり、老朽化が進んでも売るに売れず、
修繕もできないといったことになりかねません。
共有名義は問題の先送りに過ぎません。
一方、区分所有の『資産運用型マンション』ですと、
1戸ずつ家族に分けやすいので、
財産を巡ってトラブルも起きにくくなります。

共有名義△/区分所有◯
【納税対策】

相続税は『相続発生から10ヶ月以内』『現金一括納付』の待ったなし。
納税資金が足りず、不動産を売らないと払えないとしたら、
急いで換金する必要があります。
好立地の区分所有の
『資産運用型マンション』ならば、
価格も手頃で、利回りが取れることから
人気があり、比較的早く換金でき、
現金を手にすることが可能です。

早く換金でき、現金を手にすることが可能
【節税対策】

区分所有の『資産運用型マンション』の場合、
節税対策に高い効果が見込めます。不動産の相続税評価額として、

不動産の評価そのものによる減額/賃貸することによる減額/小規模宅地の評価減による減額

の3つの評価減のメリットにより
相続税評価額は購入価格のおよそ3分の1程度にまで圧縮できるので、
相続税をぐっと抑えることが可能です。

相続対策で重要なことは、何よりも円満な相続を目指すこと。
相続税の節税と争族の回避にもお勧めします。
継続して家賃収入を得るマンション経営。
相続対策に、家族の未来に、
お手伝いさせていただきたいと願っております。

円満な相続を目指すこと
詳しくはお気軽にお問い合わせください。0120-41-6551
マンション経営セミナー開催
◎プライバシーポリシー
©2017 NEST Inc. All Rights Reserved